90年代,タホ,アストロ,カプリス,サバーバン,ラム,中古車,アメ車,逆輸入車,安い

90年代のお車を買う不安をBPコーポレーションで全力サポート!

  • 90年代の車は比較的低価格の150万~ご購入可能
  • 1ナンバー登録で維持費も安く乗れる(乗用車以外)
  • 古い車でも、整備や外装もBPコーポレーションの自社工場で安心に乗れる
  • 自分でカスタムしたい場合、現状渡しできるので更にお安く!
  • BPコーポレーションオリジナルの保証もついてくる。


90年代,タホ,アストロ,カプリス,サバーバン,ラム,中古車,アメ車,逆輸入車,安い

90年代のお車は、古い?そんなことはありません!
アメ車の良さを十分に楽しめるお車の一つ。

BPコーポレーションでは自社で鈑金塗装と整備ができるので、安心してキレイなお車に乗れます。
お手軽にアメ車に乗りたい方にオススメの年代のお車です。

 

90年代,タホ,アストロ,カプリス,サバーバン,ラム,中古車,アメ車,逆輸入車,安い

1ナンバーと3ナンバーの比較

1ナンバーの分類は「普通貨物自動車」で毎年車検が必要!
3ナンバーの自動車は2年に1度ですので、車検の手間は増えることになります。
ですが、経費面で見てみましょう。

90年代,タホ,アストロ,カプリス,サバーバン,ラム,中古車,アメ車,逆輸入車,安い

1ナンバーと3ナンバーの重量税

90’のお車はすでに、18年を超えているのでお得!
整備などの手間を考えると、まだお得感が無いように見えてしまいます。

自動車税から見てみると
90年代,タホ,アストロ,カプリス,サバーバン,ラム,中古車,アメ車,逆輸入車,安い
年数を重ねるたびに、トータルでかかった費用の差が開いていきます。

90年代,タホ,アストロ,カプリス,サバーバン,ラム,中古車,アメ車,逆輸入車,安い90年代,タホ,アストロ,カプリス,サバーバン,ラム,中古車,アメ車,逆輸入車,安い

3ナンバーを1ナンバーに変更するには

  • 「貨物自動車」の要件を満たすように構造変更し、陸運局で構造の変更を申請し、 車検証の記載内容を変更する。
  • 初期費用として、構造等変更検査代 2,100円
  • 別途【書類作成代行 10,000円 改造費 平均0~15000円前後】
  • タホは1でも3でも登録可能なので改造費は0円ですが、車種により3列目のシートやリクライニング機能の撤去や構造変更が必要な場合がございます。

構造変更登録も当社にご相談下さい。

90年代,タホ,アストロ,カプリス,サバーバン,ラム,中古車,アメ車,逆輸入車,安い

☆くたびれたボディを新車当時のように

弊社が一番オススメしている作業がこのプランです。車両のバンパーはもちろんですが各パネルの目立つキズ凹みの修正をしてボディ表面の修復にはなりますが車体を新車当時のように甦らせます。

また最近の車ではまず使われてませんがメッキを使用したバンパーやドアハンドル等の小物パーツまでメッキの劣化が酷いまたは凹んでいる場合には再メッキ施工を行います。

ボディ修正とペイントと同時に劣化している各モール関係ゴムパーツなどを交換する事により見栄えはもちろんの事、本来機能するべき役割をしっかりと果たしてくれる状態にしていきます。

90年代,タホ,アストロ,カプリス,サバーバン,ラム,中古車,アメ車,逆輸入車,安い当社はレストアのできる技術を自社で持っています。
ランタボがよみがえる様子の特集記事ですが、このようにお車がキレイによみがえります

 

☆外せる所はトコトン脱着も

ボディ修理の際に弊社がもっとも大事にしている事があります。それは作業(塗装など)の際に出来る限りの付属品を外す事。『なんだそんな事か?』と考える方もいるかとは思いますが中古車の仕上げにおいて脱着作業を省き作業コストを下げるのはこの業界では当たり前のようにおこなわれています。

これは仕上がりを重視する者にとっては考えられない事な訳なんですが自社工場のない中古車業者は販売に関する中古車仕上げにおいて外注に作業依頼をするのは当然の事です。ここでお客様が満足いくような仕上げ(作業)が行われれば問題は全くないのですがそれにはコストが掛かりますのでどこかで妥協が必要となります。

決められた予算内で仕上げなければならない業者は脱着作業を省いた時間短縮を考えるようになったり出来る限り修正する範囲を抑えるようになるからです。これはある意味、本来の正しい作業を理解していてもしょうがない訳なんですね。BPコーポレーションは車を売る鈑金屋ですのでこの点において仕上がりを重視した考えに基づいて作業を進めて行くのが基本的な考えになっているのです。

☆究極な仕上げも可能です

このプランを選ぶ方に最初にお伝えしたいのが、このプランでのボディの仕上げは基本的に全塗装になります。それもただ表面のみを塗装する訳ではなく過去に行った鈑金痕があり不具合が認められればその箇所においては鉄板を剥き出しにする剥離作業を行い過去の『修正の修正』を行います。(あまりにもパネルそのものの損傷が酷い場合は新品または中古部品での取替を行います)こうして下地作りをしっかりと行った上での塗装作業ですのでそれなりに作業工期は頂きますがその仕上がりは非常に美しいものになります。

全塗装作業が基本ベースですので、多くのモール関係を含む部品が同時に交換なります。例えばドアに使用しているウェザストリップや水切りモール、ガラス廻りに使用しているパーツなどは塗装と同時に交換をオススメする部品のひとつでもあります。

ボディの仕上げではこのコンセプトにもあるように普段あまり目にしないような箇所の仕上げ、例えばドアのヒンジ廻りであったりボンネットやトランクの裏側までも車体から取り外し『丁寧に当時のオリジナルな塗装』を施します。特にフロントフェンダーを取り外してから行うフロントピラーの塗装仕上げは乗り降りする際に垣間見る一瞬の事かもしれないですが決してこの年代の車が現代において放つことがない光沢を持つ事になります。こういった新車であれば当たり前の箇所の仕上げをするのがこのプランになります。

その他、エンジンを降ろしてエンジンルームを塗装したりフロアに防震材や新たに防錆処理を行ったりボディショップならではの作業もお客様のご要望があればお応えします。

☆現状お渡しでさらにコストダウンも!

コツコツお客様自身でボディを仕上げていきたいと考える方も最近多くなってきております。そういった方には整備やクリーニングのみをしっかり行いボディは現状のままでお渡しする事も可能です。

 

BPコーポレーション 保証について 90年代,タホ,アストロ,カプリス,サバーバン,ラム,中古車,アメ車,逆輸入車,安い

中古車だって安心保障! 高い技術力で古い車の整備からリペアを施しますが、万が一の時もしっかりサポートします 90年代,タホ,アストロ,カプリス,サバーバン,ラム,中古車,アメ車,逆輸入車,安い

90年代,タホ,アストロ,カプリス,サバーバン,ラム,中古車,アメ車,逆輸入車,安い

投稿者プロフィール

BPコーポレーション
bp_rogoアメ車・逆輸入車 新車中古車販売 あなたの好きなグレードやカスタマイズしたコダワリのある車を提供します。在庫を置かない為、維持管理のコストがカットお客様に還元しています