USトヨタ タンドラ ハニーD / TUNDRA 【honey-D】

日野自動車が開発していたT100の後継として、1999年(平成11年)にTUNDRAが誕生しました。

印象的なリアゲートは、トヨタマークが配置されておらず、アルファベットでTOYOTAとなっております。

1stTUNDRAは、T100よりボディサイズも大きくビルドアップしましたが、他のアメリカ車のフルサイズボディに比べるとコンパクトになっております。
1stTUNDRAと言うと、映画「ターミネーター3」の公開を記念してT3が発売されました。
アメリカ車ですと、ブランドやアニメとコラボレートしたりと一般的ですが、日本の逆輸入車では珍しく、アメリカに受け入れられた車だったのでは無いでしょうか。

2nd TUNDRAでは、スペースシャトルエンデバーをケネディ宇宙センターからカリフォルニア科学センターまで運び話題を呼びました。
橋の勾配を登る為に選ばれた、タフなボディとパワーは他のアメリカ車に引けを取らず質実剛健さをアピールしました。

また、カリファルニア州の山火事が最近話題に上がっておりますが、一人の看護師が災害救助活動を懸命に行いその際に使用していたのが、TUNDRAでした。
被災地のパラダイスでは、町全体の90%が消失する自体に見舞われましたが、自身の安全も省みず救助活動に奔走していました。
焼け焦げたドアやテールランプなどの写真をSNSに上げていましたが、車自体は問題なく、TUNDRAの頑丈さをアピールしていました。

この投稿を見たUSTOYOTAは、自分の命の危険を冒しながらも、TUNDRAで人々を避難所まで運んだ事に頭が下がり車については心配しないで下さい。
喜んで新しい車を差し上げましょうと申し出たそうです。

この様にアメリカで身近な存在になったTUNDRAは、T100の後継として製造され、他のアメリカ車に気を使いボディサイズを一回り小さくした、日本らしいスタートから、2ndTUDRAでは、ビッグ3に肩を並べるまでになりました。

今回ご紹介するのは、TUNDRAをよりスタイルアップするボディキットです。

TUNDRAのカスタムを考えられている方の一つの選択肢に「Honey D」が有るのでは無いでしょうか。

実は弊社「Honey D」正規代理店なんです。

ボディキット・ロワリング・フロントリップを自社で取付加工を行っています!

取付時の注意点や、加工も把握しておりますので、お気軽にご相談下さい。

記事より
http://karapaia.com/archives/52267683.html

HONEY Dプロジェクト / TUNDRA 【honey-D】

HONEY Dプロジェクトの開始です。
今回のタンドラは、SR5をベースにHONEY Dスタイルに仕上げて行きます。
1794よりも車の値段を落としカスタムに力を入れて行きたいとお客様より、お話が有りました。
タンドラはカスタムパーツが多く出ておりますが、ほとんどリフトアップスタイルが主流です。
そんな中で一際目を引く今回のHONEY Dで御座います。

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

インテリア / TUNDRA 【honey-D】

しかしながら、1794のインテリアは、捨てがたいので、レザーを張り替えて1794仕様にしました。
ベースの場合クロスなので、一気に車内全体が引き締まった感じがします。
また、タンドラですとフロアシフトにセパレートシートが多いですのでベンチシートにアメ車感を感じます。
1794のシートは良いけど、ベンチが良いと言う方は張替えを検討されてはいかがでしょうか。

スライドショーには JavaScript が必要です。

HONEY Dの製作風景 / TUNDRA 【honey-D】

それでは、本題のHONEY Dの製作風景をお見せしていきたいと思います。
仮組みし位置を合わせて行きます。
すごい迫力のフェンダーですね!
LB様のフェンダー様にビス止めします。
HONEY Dキットは作りが良く比較的合わせやすいです。
これだけ大きなフェンダーを付けると普通のJ数のホイールでは、おかしな事になってしまいます。

HONEY Dのビス止め / TUNDRA 【honey-D】

こちらの車は新車ですので、ビス止めするのは少し気が引けます。
この大きなフェンダーを見ただけでよくあるフェンダーが純正に見える位です
HONEY Dはロワリングスタイルですのでここから加工などし車高を下げて行きます。

 

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

ローダウンキット / TUNDRA 【honey-D】

ローダウンキットを使い車高を下げて行きます。
このまま、下げただけでは、J数の大きいホイールは当たってしまう為、
フレームなども加工します。
普段よりマフラーのワンオフ加工や、フレーム修正などしている弊社は、お手の物です。

フロントバンパー ホースメント / TUNDRA 【honey-D】

フロントバンパーのホースメントにもエクステンションを致します。
HONEY Dの取り付け自体は初めてだった為、試行錯誤致しました。
もちろん取り付け方など出回っている訳では有りません。
その分やりがい有ります。

マフラーも加工 / TUNDRA 【honey-D】

マフラーも加工していきます。
そのままですと干渉してしまうので加工が必要です。
少し改善点があるとすると、リーフスプリングの上を通すと良かったかも知れません。
このままでも強いダンピングをしなければ干渉しませんが、ジャッキアップや
リフトに上げるときに干渉してしまうので上にマフラーを通すのが良いです。

 

 

 

 

フロントフェンダー / TUNDRA 【honey-D】

フロントフェンダー装着致しました。
この写真では、分りづらいですが、ローダウンをしオーバーフェンダーとホイールがセットされると、一気に迫力が増します。
もともとフルサイズピックアップですのでその巨体をローダウンすると、国産車が本当に小さく見えてしまいます。

 

 

 

 

 

リアフェンダー / TUNDRA 【honey-D】

リアフェンダーはこの様になります。
フューエルリットを見て頂ければフェンダーの厚みが分ると思います。
パッと見では、デューリーかステップ・フレアサイドに見えてしまいますね。

 

 

 

 

 

メッキ仕上げ / TUNDRA 【honey-D】

フロントからになります。
フロントリップが白く見えていると思います。
海外で製作されているHONEY Dなどは全て同色にされたりしていますが、今回は、メッキの高級感を残しつつ仕上げております。

 

 

 

 

 

BPはHONEY D正規代理店 / TUNDRA 【honey-D】

弊社はHONEY D正規代理店になりますので、特価で販売製作しております。

F・Rフェンダー・Fリップ・ローダウンキット・マフラー加工・取り付けフレーム加工など全て行って、980,000円で承ります!

ホイールは別途になりますが、それ以外のパーツは全て料金に含まれております。
ボディカラーにより値段が変動する場合がありますのでご相談下さい。

 

 

 

 

今回HONEY D企画にご協力頂きましたA様本当に有難う御座いました!
HONEY Dの話を持って来て頂いたのも全てA様あってのプロジェクトでした!

納車後のコメント欄

【お客様の声】東京都 A 様 2018 US TOYOTA Tundra honey D

投稿者プロフィール

BPコーポレーション
bp_rogoアメ車・逆輸入車 新車中古車販売 あなたの好きなグレードやカスタマイズしたコダワリのある車を提供します。在庫を置かない為、維持管理のコストがカットお客様に還元しています