シボレー・GMC・ダッジ・キャデラック・リンカーン アメ車 逆輸入車 レストア 新車中古車販売ならBPコーポレーション

高品質主義

kanban4

BPコーポレーションの高品質主義

★「高品質主義」って??

BPコーポレーションの商品名の頭には「高品質主義」としつこいくらい付いています。では、この「高品質主義」って一体何なんだ?と思いませんか?普通の人なら「品質が良いってことを宣伝してるんでしょ・・」とお思いでしょう。間違ってはおりませんが、実際のお車を使ってご説明致します。

BPコーポレーションは常にこのような品質を中古車に追い求めています。簡単な事では有りません。実際に業者間オークションにこのようなお車が出品されていて入札に参加する場合、全国各地の有力大手販売店(もちろん品質の良いお車を扱う会社)やディーラー系中古車販売店との取り合いになります。もちろん、今回のように運良く?(しかし、仕入れ価格は同年式同グレードの標準的な中古車の倍近くです)仕入れられれば良いのですが、毎回そうは上手くいきませんし、お客様にもご予算というものが有ります。よって、BPコーポレーションはこのあたりの品質のお車より、ちょっと下の品質のお車を狙います。(ちょっと下といっても普通の販売店では何もしないでお客様に渡すレベルです)そして、納車準備で鈑金塗装や、そして納車前クリーニングを抜かりなく行ないます。そして、納車時には素晴らしい品質のお車になっているというわけです。これがBPコーポレーションの「高品質主義」なんです。

★BPコーポレーションの高品質中古車とは?

HPをご覧いただければおわかりいただけますようにBPコーポレーションでは在庫車を保有しません。高品質車を高値で仕入れてきて展示し、お客様が「これ下さい!」とご来店いただくのを待つことは簡単です。しかしながら、今はこのような時代ではなく、一人一人のお客様のニーズやご予算に合わせて中古車をご用意しなければならないと考えています。つまり、お客様が中古車を購入する際の購買代理人になりたいとBPコーポレーションでは考えています。中古車には価格と品質が必ず比例するという事実がありますので簡単な事ではありませんが、BPコーポレーションではお客様のご予算内でご用意可能な高い品質の中古車をこれからもお渡ししていきたいと考えています。また、相場を大きく下回るご予算をご指定されても品質の良いお車は無理という事になります。もちろん、ご予算内で可能な限りの高品質車をご用意できるよう企業努力いたします。 。

★どのような中古車の探し方をしますか?

一昔前の中古車選びはカーセンサーやグー等の雑誌を買い、インデックスの下から、つまり価格の安い順番に見ていく方が多かったかと思います。もちろん、多くの中古車業者もその事は承知しており、いかにインデックスの一番下つまり一番安く、または下の方に表示されるよう価格付けをしてきました。狭いインデックスのスペースにセールスポイントを書く中古車業者もいましたね。その結果、中古車業界では品質を無視し安い車を仕入れたり、無い車をインデックスの下の方に表示されるように価格付けをしてオトリ広告を出すようになりました。同じ品質の商品を購入する場合は、安いに越した事は有りませんが中古車とは悲しいかなそう簡単な商品ではありません。まだ、このような中古車探しをしておられる方がおられましたら再考していただいた方が良いかと思います。最近は、雑誌社も車台番号の表示等でオトリ広告対策をしていますが、車検証をチェックできる訳でもなく、まだまだオトリ広告は数多く存在します。オトリ広告でお客様を呼び込んで品質の良いお車を用意するならまだしも、安く出してしまっているので、それなりの品質の車しか仕入れられないという悪循環が発生しているようです。運のある、ツキのあるお客様は、運のある、ツキのあるお店と出会い、良い中古車と出会います。くれぐれもお気を付け下さい。正直に、お客様の利益をも考え仕事をしている会社だけが運のある、ツキのあるお店になれると思います。

★低年式車の販売について★

おかげさまで毎日多くのお問い合わせを頂きます。中には初年度登録から5年以上~、10年以上経過したお車にも数多く頂きます。お客様は低年式車=安いというイメージをお持ちかもしれませんがBPコーポレーションの販売するお車にはそのイメージは当てはまりません。というのも、年式が落ちれば落ちるほど整備費用はかさみますし、内外装の仕上げにも非常に手がかかります。どのお車に関しても別途整備費用はいただいておりませんが多くの低年式車の整備時においては基本的な油脂類、消耗品の交換の他にタイミングベルト、エアコンポンプ、オルタネーター、パワステポンプ、ウォーターポンプ、各ロッド類、タイヤ、バッテリー、各ベルト類、ブレーキパッド、ローター研磨etc・・・の交換をさせていただく事も少なくありません。よって低年式車でもそこそこのご予算が必要になるということをご理解いただきたいと思います。価格のみ重視されるお客様は他店さまでのご購入をオススメ致します。

 

★アメ車:中古並行車

上記画像:本国GMディーラー認定中古車の証!

「アメ車の中古並行車なんてダメだよ」・・・良く聞く言葉かもしれません。確かに、粗悪車やメーターダウン車の割合が非常に高いことは事実です。

既に国内にある中古並行車ですと、余程の極上車でないとお客様にお勧めする事は出来ません。CARFAX(カーファックス)やAUTOCHECK(オートチェック)により本国での履歴を
確認し、問題の無い車両であり、修復歴も無いという事が確実であればお客様にお勧めすることはできます。

しかし、そんな車はほんの一握りなので、BPコーポレーションではより安心で確実な自社直輸入を行ないます。

カリフォルニア駐在員が、近隣ディーラーとの太いパイプにより、良質車、ワンオーナー車を選りすぐります。国土の面積が日本とは大きく異なりますので

日本の中古車に対する走行距離の感覚では無理がありますが、できるだけ距離も少ないお車をオススメするよう心掛けております。

ご契約時にはCARFAXまたはAUTOCHECKによる本国における走行距離証明、履歴証明をお付けし、納車時には現地車検証ピンクスリップもお渡しします。

これらの書類は次回売却時にも有利ですので、是非保管しておいてください。

「じゃあ、新車並行なら大丈夫かな?」・・・答えはNOです。その車が本当に新車として日本に輸入されたのか?とか日本国内において事故修復歴や
メーターダウンが無いかどうか調べる必要があります。現在でもそうですが、新車として販売される並行車の中にも実際は新車では無いという事があります。

例えば2005年1月製造モデルを、1年間使用し、20000-30000マイル走行し、2005年12月に日本に輸入したらどうでしょうか?しかも、メーターダウンされたり
内外装をザッーと仕上げられている事も有ります。BPコーポレーションが取扱う並行新車はすべて本国ディーラーから仕入れますのでご安心下さい。中には
取り扱いのできない新車も有りますのでお問い合わせください。

現在のアメ車SUV人気でキャデラックエスカレード、リンカーンナビゲーター等々、続々と日本に輸入されており日本のオークションにたくさん出品されています。

それらの走行距離は図ったように2-3万マイル以下です。もちろん現地では10万マイル前後以上の履歴があり、中には20万マイル~30万マイルという車も有ります。

このような車が店頭で安く、不具合がないのであればまだしも、販売店の中にもメーターダウンや内外装の乱暴な仕上げの事実を知らず、2-3万マイルで距離も

少なく良い車だ!!と判断する業者も多いですから、価格は競り上がり、店頭に並ぶ時には高額なプライスが付いていることが多いです。

納車前にしっかり点検整備を施すとお金がかかりますから、整備もいい加減・・・・もう結果はおわかりですよね?

すぐ壊れる、塗装が剥がれる・・・・・・悪循環で出費やローンが増えるだけです。5万円や10万円の買い物では有りません、数百万円の買い物です。慎重すぎても

損する事は有りません。見た目のキレイさや、車両本体価格の安さに騙されないで下さい。

実際に本国ではディーラーでさえ10万マイル前後の中古車は普通に展示されていますし、実際に弊社ではご購入されるお客様も少なくありません。

ご予算に応じて、ベストなお車をご提案させて頂きます。ただ、現地の駐在員が実際に足を運び、現車確認、テストドライブを行ないますのでどうしても弊社でのご購入
の意志が固いお客様を優先させていただく事になります事、ご了承お願いします。

また、仕入先のほとんどが現地ディーラーという事も有り、車を確保しましたら正式なご注文書をお送りさせていただき、すぐにお振込み、ローンの場合は
ローン用紙のご返送をお願いしております。

仕入先が個人オーナーや一般中古車店であれば1週間ほど支払猶予はいただけますが、ディーラーとなりますと手付金だけでは車を確保する事が出来ず、
購入の契約をし車両金額の全額のカンパニーチェック(小切手)を払い3日後に銀行小切手を持って行きカンパニーチェックを返してもらうという方法になります。

つまり、BPコーポレーションのオススメする車は、日本の他の輸入業者の多くが目を付ける品質の低い車ではなく、本国の一般消費者の方が普通に購入するような
状態の良いお車なのです。日本の他の輸入業者の多くは代理業者を通じ現地のオークションでの仕入れが多いのではないかと思います。

BPコーポレーションの直輸入アメ車はすべてピンクスリップ(本国車検証)付きで納車時にお渡ししています。

ピンクスリップ(タイトル)とは・・・・

日本で言う車検証とお考えいただいて構いません。アメリカでは走行距離が正しいかどうか、盗難歴が無いかどうかなどピンクスリップでわかります。

アメリカ国内でメーター戻しを行い、販売すると無期限の営業停止になる州もあるといいます。日本にもこのような制度があると良いですね。

このピンクスリップは自社で輸入した業者であれば必ず持っているものです。確かに日本国内において絶対に必要な書類という訳ではないですから
捨てたり、無くしたり・・・・ということもあるかもしれませんが、履歴のしっかりした車かどうかを見極める上では大切なものです。

もちろん、盗難歴の有る状態の悪い車だったり、実際の走行距離がかなり伸びている車を輸入しているのであればお客様に見せられる代物ではないでしょう。

数百万もの買い物をする訳です。もっと慎重になられても良いと思います。

そんな賢く慎重なお客様のためにBPコーポレーションでは出来る限りのことをさせていただきます。CARFAXやAUTOCHECKによる走行距離証明書のお渡し、
ピンクスリップの原本のお渡し、ごく稀に同じ事を行なっている自社輸入販売店もございます。そんな販売店かBPコーポレーションであれば大丈夫です。

アメ車雑誌、インターネット等で多くの中古並行車が魅力的なプライスで宣伝されています。中には契約書の裏に特約事項という項目で
「輸入車両の為、正確な走行距離は不明です」とか、「スト等の理由で納期が大幅に遅れる可能性有り」などと言う記載のあるお店もあると
聞きます。アメリカのDepartment of Motor Vehicles 自動車管理局は走行距離にはとても厳しく、本国で車の所有者が変わった時の走行距離
また、2年おきの排ガステストの際の走行距離等、詳細に記録されています。つまり、「輸入車両の為、正確な走行距離は不明です」と言う事は
有り得ないのです。他店様でのご契約を検討されている方は、必ず契約書を隅々まで、裏面も必ずご確認ください。

 

 

★オークション代行業について

弊社が楽天オートの老舗と言われるようになって久しいですが、まだ弊社の事をオークション代行業者と誤解しておられるお客さまもおられますので改めてご説明致します。オークション代行業者のサイトでよく見受けられる「車両状態票=中古車の鑑定書」という意味合いの言葉ですが、これは実はキケンなことです。下記の状態票をご覧下さい。

1,この状態票は、ある業者が中古車を評価4で仕入れた後に実は修復歴車であるという事が発覚した例です。その発覚した理由は仕入れた中古車を後でよくよく見てどうも怪しいと思いオークション会社に再検査を申し入れたからです。もし、怪しい部分を見抜けない業者だったら、そのままお客様に「修復歴の無い状態の良い車ですよ」と言って販売する事でしょう。このようなお車が中古車市場には数多く存在します。オークション会社の検査員が記入する状態票は目安にこそなりますが鵜呑みにしてはならないのです。「より安く買いたい!」という消費者心理にオークション代行と言う響きは非常に魅力的に感じるでしょう。しかし、オークションから仕入れてすぐの状態のお車を弊社ではとても商品とは呼べません。いくら状態の良い車を選りすぐって仕入れ、販売しているとは言え、更なるチェック、内外装の仕上げ、機関系の点検整備をしなければ商品とは呼べないのです。

2,このお車は、ある業者が評価点3、つまり修復歴無で仕入れ、販売したお車です。真中の画像でサイードフレームが折れていることがわかり、右側の画像で第一メンバーが折れていることがわかります。そのため、若干車が傾いており、計測の結果、左側のホイールベースだけ短くなっていました。このお車は弊社にて修理する事になりました。このようにオークション検査員の見落としにより修復歴有、修復必要な車にも修復歴無と評価されているのです。これでも、貴方はオークション検査票、状態票を信用しますか?

3,これは非常に悪質な例です。最初に書いておきますが楽天オート内の業者さんではありません。あるお客様がオークション代行業者からお車を購入しました。評価4=修復歴無しとのことで購入しましたが、検査票を改ざんしており、実際は修復歴有りのお車でした。幸い法的手段により返品できたとの事です。昔からあることですが残念な事に一部の中古車業者はこのような手法を使うようです。

オークション検査員の見落とし、悪徳業者の検査票改ざん、、、「車両状態票=中古車の鑑定書」という事は有り得ません。落とし穴は数多くございます。是非失敗の無い中古車選びをなさってください。BPコーポレーションは決してオークション代行業ではございません。お客様が間違いの無い中古車をご購入できるようお手伝いしています。

★極上評価点で仕入れましたが…

このお車は弊社が2004年9月に評価4.5で仕入れたお車ですが、車が届き確認作業をした所(全車行ないます)、コアサポート交換、フロントクロスメンバー(第一メンバー)、フロントインサイドパネル修正が発覚しました。もちろん、このことをご購入いただいたお客様に報告及び仕入先にクレームを入れ協議に入りました。すぐに仕入先に車を返す事は可能なのですが、アフターパーツの充実、走行距離の少なさ等車自体に魅力的な要因も有りましたのでお客様とお話し合いの結果、仕入先から戻ってくるぺナルティ料金をパーツのサービスへと代えさせていただきました。実際に、走行テスト等繰り返しましたが走行にも支障はございませんでした。この事例に弊社が繰り返し言ってきた事が集約されています。つまり、オークションの評価点は完全にはあてにできないという事です。近年の修理技術は目を見張るものが有りますので、車をバラしてみないとわからないという修復歴も数多くあります。このような事例は弊社でも初めてではなく数回あることです

一番言いたい事は、大切なお金を状態の悪い中古車に使って欲しくないと言う事です

。中古車業界も厳しいですから利益を上げる為に手段を選ばない業者も悲しいかな少なからずおりますので

 

確かな品質の中古車に安心と信頼を添えて。
BPコーポレーションは、
自動車公正取引協議会正会員店です。

 

中古車売買に関するトラブルの相談に応じてくれます、公正取引委員会の指導の元に作られた自動車業界団体。公正競争規約の運用を通じ、消費者と販売店を結ぶ『信頼されるクルマ販売』を推進するための活動を行なう。


中古車売買のトラブルは03-5511-2155まで。
(社)自動車公正取引協議会消費者関連室

 

完全自社作業のBPコーポレーションだからこそ・・・主な全車実施作業(一部対象外の車有)
国家資格二級整備士による自社認証工場での納車前約130項目の点検整備【コミコミ価格に含む】
「高品質主義」・・・それがBPコーポレーションに与えられた大きな使命です。それは、常に状態の良い車だけを取り扱っているという証明です。BPコーポレーションは、中古車の価格だけを重視した販売ではなく中古車の品質、納車時のキレイさにこだわり続けていきます。つまり価格重視の従来の販売方法や手数料収入を目的としたオークション代行とは対極を成す考え方と言えます。しかしながらお客様のご予算内でお車を仕上げると言う企業努力は惜しみません。納車前約130項目の点検、オイル&オイルエレメントの無条件交換、不具合箇所の整備、中古車を販売するプロフェッショナルとして当たり前の事です。別途納車整備費用など頂きません。弊社は国土交通省関東運輸局長認証自社工場(認証番号4-5554)となっており自動車の分解整備業を正規に営んでおります。巷に多い無認可の修理工場とは一線を画します。保証に関しましては、自社による保証、またより安心な保証会社経由の保証等ご用意しております。しかしながらBPコーポレーションの販売させていただく中古車が致命的な不具合に見舞われる事は非常に考えにくいです。もちろん納車後ある程度の期間の不具合には販売した側として責任を持たなければならないと考えております。中古車と言う商品の性質上致し方ない部分があるのは事実ですが、エンジン/ミッションなど高額な部分に関しましては特に注意を払い納車前整備を行っております。もちろん、一般修理や車検もいつでも受け付けておりますのでお近くの方は是非お越しくださいますようお願いします。
熟練の鈑金職人によるキズ凹み箇所の修理【コミコミ価格に含む】
「より新車に近いボディ状態へ」・・・それがBPコーポレーションの販売させていただく中古車すべてへの思いです。どうしても車には線キズやエクボが付きものですがすべての目立つキズ凹みを素早く、そして美しく修理してのお渡しとなります。自社鈑金職人が行う為、近年良く聞く軽補修などとは大きく異なり、小手先のキズ直しなどではありません。新車時のボディラインを損なうことなくミリ単位以下で補修作業を行います。これもBPコーポレーションでご購入いただいたのだからできるだけ綺麗な状態でお渡ししたいという気持ちからです。お近くのお客様でご購入していただいた方がお見えになることがありますが「ここまでやってもらえるの?」と驚かれます。鈑金塗装の会社として創業したBPコーポレーションならではのこだわりなのです。もちろん、仕入れ時に大きなキズや凹みの有るお車は前オーナーの車の扱い方が予想されますので仕入れておりません。ご安心下さい。ただし、あくまで修理ですから、新車状態になるわけではございません。BPコーポレーションの鈑金塗装ページもご参照ください。また、ヤフー・グーグル等で「BPコーポレーション」と検索いただけますとBPコーポレーション鈑金塗装のウェブサイトもご覧になれます。
熟練の塗装職人による鈑金箇所塗装及び磨き上げ【コミコミ価格に含む】
鈑金職人の技によってボディラインの整ったお車は、「この職人の鈑金した車しか塗装しないよ!」と言う少し頑固な自社塗装職人へと引き継がれます。昔気質の塗装職人と言う事も有り作業中には声を掛けられたものではありません。塗料はグローバルナンバー1のデュポン社を採用させて頂いております。更に納車させていただく中古車の品質を高める為、BPコーポレーションでは外装の状態によって多いときは4種の溶剤を用いて段階的に最終磨き上げを行います。そして最後の最後には塗装作業の最終磨き上げに用いる塗装光沢保護仕上剤で全車磨き上げます。特殊セラミックペレットの電子的効果で溶剤を塗装面に浸透させ優れた皮膜を長期間形成します。塗装職人が行う為、一般中古車店で施されるワックスやコーティングなどとは比較にならない仕上がりです。ぜひ体感してください。ポリマー施工もご購入の方にはご購入者特別価格にて行いますのでご希望の方はお気軽に申し付けください。近年名ばかりのポリマーが存在しますが、BPコーポレーションの使用しているものはポリマー専業店が使用しているものと同じで作業にもかなりの時間を要するものです。
専門スタッフによる室内高圧スチーム洗浄【コミコミ価格に含む】
「前オーナーの痕跡を極力無くす」・・・それは中古車を扱う私たちには一番の難題でした。車の室内は汚れや匂いを吸収しやすい素材が多く用いられているのです。BPコーポレーションではスタッフを室内清掃の研修に参加させ、その実務を習得致しました。今や彼は自分で発見したテクニック等を駆使し室内クリーニングのプロフェッショナルとして毎日活躍しています。画像のように洗浄液を高温で噴出しながら吸取るという特殊装置を使い作業を繰り返しますとパッと見が綺麗なシートでもひどい泥水がタンクに溜まります(別ページをご参照ください)。更に別の装置で高圧スチームにて除菌をも行います。天然素材を原料とした特殊洗浄剤でお子様やペットにも安心なクリーニングを全車施します。タバコの匂い、ペットの匂い、アレルゲン等々そのままでお客様にお渡しするわけにはいきませんので・・・・。シート等外せるものはすべて外して内装丸洗いをしている事もしばしばです。
専門スタッフによるエンジンルームクリーニング【コミコミ価格に含む】
「より新車に近いエンジンルームへ」・・・普段は目にすることはあまり無いですが、見えない所も少しでも綺麗に、、。せっかくBPコーポレーションでご購入いただいたのですからエンジンルームの隅々まで綺麗にさせてください。1台1台、手で丁寧にブラッシングされ、更には高圧高温スチームでエンジンルームクリーニングを過去にされたことの無い中古車は見違える程綺麗になります。車も喜んでいるな?と感じるのは気のせいでしょうか。水気の入ってはいけない部分も多々ございますので一般の方がおやりになるのはオススメ致しません。ここまで綺麗になるのです!多くの中古車販売店はザッと拭いて、ワックスギトギトですが、BPコーポレーションのナチュラル仕上げを体感してみてください。フロントガラス撥水ウィンドウ加工コーティング処理まで全車無料サービス中!
新車保証継承可能なお車は無料で新車保証継承【コミコミ価格に含む】
国産車を例に取りますと、新車時つまり初度登録から5年間、100000キロのメーカー保証が付いております。この保証継承を受けるには有料で各ディーラーにて点検整備を受ける必要があります。BPコーポレーションでは、これらをすべて無料で行います。輸入車(初度登録から3年以内)でも例外ではありません。ベンツのメルセデスケア継承、BMWのサービスフリーウェイ継承等メーカーで認められる期限内のお車にはすべて無料でサービスいたします。メーカー新車保証書名義をもしっかりとお客様名へ変更いたします。稀にお客様名義になってからでないと保証継承を伴う12ヶ月点検を受け付けないメーカーもありますのでその場合はケースバイケースで対応させて頂きます。国産車2年間保証料・適用可能車全車サービス中!

 

お気軽にお問合せください! TEL 04-2934-7484 営業時間 平日10:00~20:00 / 土曜10:00~19:00
定休日 日・祝祭日
認証工場

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • メールでお問い合わせはこちら

お客様の声

お客様の声

LINEでお得なクーポンGET!

アメ車買うなら今がチャンス

レートが下落につき、アメ車逆輸入車を買うなら、今がチャンス!!アメ車・逆輸入車買うならBPコーポレーション

保証も充実

BPのお車は中古車まで安全保障

車輌販売担当の山さんブログ


痛風なんかに負けないぞ!!
車輌販売担当の山さんが、毎日ブログを更新中

求人

アメ車販売

90年代のアメ車に乗ろう!

無料 修理見積もり

キズ・ヘコミ無料見積もり
  • facebook

Welcart 営業日カレンダーWelcart 営業日カレンダー

  • 今月(2017年8月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    翌月(2017年9月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    (      発送業務休日)
PAGETOP
Copyright © 有限会社 BPコーポレーション All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.